大学病院の看護師の求人の条件について

大学病院は外来だけでなく、入院病棟のベッドの数も多いので、非常に多くの看護師が働いています。そこで毎年新卒の看護師を大量募集している大学病院も多いのです。大学病院では、入院患者がいたり救急患者の受け入れもあるので、勤務内容に夜勤もありますが、福利厚生面でもその待遇は非常に良いので、人気のある職場でもあります。特に大学の看護学部を卒業した新卒看護師の求人では、初任給が30万円以上の良い待遇でもあるので、オススメの職場であると言えます。

大学病院では多くの看護師の求人があるので、大学病院独自の説明会も実施している場合もあります。そこで大学病院の看護師の求人に興味のある人は、そのような機会を活用して説明会で病院の様子を詳しく知るのもいいと思います。このような説明会では、病院での勤務内容の説明だけでなく、実際に病院の施設見学会もあるので、職場についてのイメージをしっかりと把握できる点でもぜひ参加するべきだと思います。そして疑問点があれば、病院の採用担当者によく質問するのもいいと思います。

このような大学病院の看護師の求人では、採用された看護師が長期にわたって安心して勤務できるような、いろいろなサポート体制を用意しています。たとえば看護師向けの寮が職場の近くに完備されている場合も多いので、通勤にもとても便利になっています。そしてこのような寮の費用は非常に割安になっており、働きながら貯蓄も出来ると思います。また育児休暇なども充実しているので、子育てをしながら仕事を続けることもできるのです。

コンサルタントがついてくれる看護師の求人専門サイト

看護師の求人をお探しなら、看護師求人専門サイトへのご登録をおすすめします。専門サイトでは、希望する給与額・勤務地・事業内容・休日日数といった基本条件だけでなく、託児所・寮の有無や退職金・社会保険・交通費支給などといった細かい条件まで選んで検索することができますので、自分の理想とする職場が簡単に見つかります。また、法人名や事業所名でも検索できるので、具体的に勤務先の希望が決まっている方は、求人が行われているかどうかの確認もできます。

看護師の方で就職先や転職先を探している方は、専門の求人サイトに登録することがおすすめです。求人サイトによっては、ただインターネット上で求人を検索できるだけでなく、実際に会員を担当する選任のコンサルタントがついてくれて、それぞれの希望に合った求人先を紹介してくれ、面接の日時設定を行ってくれます。そして面接に同行してくれた上、就職条件の交渉まで代わりに行ってくれますので、安心して面接に挑むことができます。

看護師の求人を掲載している広告やサイトはたくさんありますが、中には、登録した会員に対して、専門のコンサルタントをつけてくれるサービスまで行っているサイトもあります。会員の住む地域に詳しいコンサルタントが担当してくれますので、ご希望に沿った求人をたくさん紹介してもらえます。また、面接に同行してもらって給与や休日に関する疑問など、本人が聞きにくい条件についてもコンサルタントが代わりに交渉してくれ、内定・入職まできちんとフォローしてもらえるので安心です。

看護師が重宝される時代なのに求人が多いのはなぜ?

現在、日本のいたるところで医師不足が懸念されています。総合病院では医師が足りなくて困っているとのこと、大学の医学部には毎年多数の医師希望者が入学しているというのになぜであろう。昔と違い大学病院で修行して開業医になるという道ではなく、2世医師が沢山いるのも原因のひとつである。では、看護師には2世ということはあまりないのだが求人が絶えないのはなぜだろう。病院数が急激に激減しているわけではないのだが不思議な現象である。

看護師は入院している患者の面倒と医師からの指示を的確に行い、患者が元気で回復するサポートをする職業なのだから大変な職業なのです。病院の婦長などは医師より患者のことに詳しい方が多いのです。勤務時間も不規則で肉体労働もさることながら、メンタル面でも患者や医師、そして同じ看護師の間でのコミュニケーションと大変な職業なのです。しかしながら求人が多い訳は、病院自体の経営が困難になってきたこともひとつの原因になっている。

病院の経営が悪化すれば、医師や看護師に十分な給料が払えなくなり、職員数が減ってしまう。よって患者に満足なサポートが行えなくなり、患者が減る。このような負のスパイラス状態になってるいるのだから、そのような状態の病院は当然、医師の求人も看護師の求人も必要になってくる。日本の病院はサービス業の枠に収まりつつあるのだが、本来そうあるべき職業ではない。もちろん看護師もである。人間の命を左右するところがなったら安心性や信頼度は一気に下がる恐れがあるからだ。